運動不足の悪影響

非常事態宣言


新型コロナウイルスの


感染拡大防止のための外出自粛。


生命を守るための行動が、


私たちの健康に悪影響も与えている。


歩くことが極端に少なくなったために、


運動不足


身体を支える力の低下、


血液循環の不良、


脳への刺激減少


・・・など。


ゆっくり、ジワジワと身体を弱めている。




直近の調査では、


「テレワークに切り替えた会社員は


 1日あたりの歩数がおよそ30%減っていて、


 中には1日の歩数が70%ほど減って


 1日3000歩ほどしか歩いていない。」


というケースもあるという。


厚生労働省が病気の予防として


1日8000歩を推奨しているが、


これでは大幅に下回る数値だ。




外出を控えることで


感染リスクを減らすことはもちろん重要。




しかし・・・




外出自粛による運動不足が、


回復力をむしろ低下させてしまう


としたらどうだろうか。


実際、質のいい睡眠を取ることと並んで、


適度な運動をすることも


回復力を高める働きがあることが、


さまざまな研究から実証されている。



老化は下半身から

下半身


老化は足腰から始まる」というように、


下半身の筋肉が衰えることから始まる。


四足動物も、ほとんどが後足から弱る。


体重が前足に乗っているために、


前足と比べて


後足の筋肉を使っていないからだ。




話をヒトに戻すと、


日頃から身体を動かさないでいると、



筋肉が少なくなる
 ↓
疲れやすくなる
 ↓
疲れるから、身体を動かさない
 ↓
消費カロリーが落ちる
 ↓
太りやすくなる



というような悪循環にはまる。




2020年5月15日現在、


未だ予断は許されない状況だが、


いくつかの地域を除いて


非常事態宣言が解除された。


ウォーキング


非常事態宣言下でも、


日々の健康を維持するために


散歩やウォーキングは推奨されてきた。


しかし、不安と恐怖を過剰にあおる


マスコミの影響で、




「玄関から出てはいけない。」と、




思い込まされた方々が多くみられる。


新型コロナウィルスの情報は、


正しく知って


正しく怖がること。


そして、


自身の健康を第一に守って


感染の拡大予防に努めることが大切。



お問い合わせ

大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック
アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
''電話番号 06-6770-5466'