腰、太もも、ふくらはぎの痛み

腰、太ももやふくらはぎの痛み


先月からの傾向で、


腰の痛み、太ももやふくらはぎの痛み、


または、しびれ訴えて来院される方が多い。


40~70才代と年齢もさまざま。


先ずは病院で診察を受けて、


腰の椎間板ヘルニア


脊柱管狭窄症と診断されて


手術を促される。


そして、他の方法を求めて来院される。


腰のMRI画像


CTやMRIの画像を見せられて、


「あなたの痛みやしびれの原因は、


 ここで神経を圧迫しているからです。」


というような医師からの説明。




ところが・・・




日本の腰痛の権威で、


福島県立医科大学理事長兼学長を


長年務められた菊地 臣一医師の講義では、


「椎間板ヘルニアや神経の圧迫は


 腰痛の原因ではありません!」と、第一声。


続いて、


「腰痛患者の80%以上は原因不明」とも。


菊地 臣一医師


最新の腰痛研究では、


痛みの原因を構造的に捉えないようだ。

カイロプラクティックではどう考える?

安全ピンサイクル


カイロプラクティックが始められて125年。


その技術や分析方法は進化し続けているが、


一貫して変わらないものがある。




それは・・・




脳・神経系へのアプローチ


身体の隅々にちりばめられたセンサーから


たくさんの情報が集められて脳へ送られる。


そして、その情報を脳が解析し、


適切に身体をコントロールしている。


神経系


この情報の収集が上手くいかないとき


何らかの不具合が身体に生じる。


これこそがカイロプラクティックのターゲット。



何が痛みを起こさせているのか?

腰の痛み


痛みやしびれがある箇所には、


筋肉が異常に緊張している(ことが多い)。


これまでの医療は、


痛みのある箇所へのマッサージや電気治療で


緊張を和らげて痛みを取り除こうとする。




しかし・・・




結果である痛みやしびれに対して治療をしても、


それは、すぐに元のように戻ってしまう。


だから、数週間、数ヶ月、数年と同じ症状が続く。



何が筋肉を硬く緊張させるのか?





身体中にちらばっているセンサーの中でも、


「首、骨盤、足底」からの情報が


姿勢の制御に大きく関わる。




これぞ key !




足底アーチの重要性については、


これまでのブログを参照されたし。


手と足のセンサー


痛みやしびれなどの不快な症状は結果。


いつ、どこに不具合が起きているのか?


科学的に分析し、的確にそれを調整する。


それがカイロプラクティック




当院では・・・




アクティベータ・メソッド


アプライド・キネシオロジー


そして足から全身を考える


シンクロナイズド・アジャスティング・メソッドで


機能回復のお手伝いをしている。



お問い合わせ

大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック
アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466