若くあるには・・・

エイジング
一般的に老化現象というと、


「顔のシワや白髪が増えた。」




「体型が崩れた。」




「太りやすくなった。」




と、外見のことを口にされることが多い。




ヘルスケアをおこなうカイロプラクターは、


「筋肉の衰えや筋肉量が少なくなる。」




「体脂肪量が増える。」




「関節の動く範囲が狭くなる。」




など・・・と考える。




筋肉にある程度の量があれば、


「筋持久力」が身体に備わっているので、


より長い時間歩いたり、


より長く立ったりすることができる。


疲れやすい


全身の筋持久力が低下すると、


階段での息切れ、


立ち仕事がしんどいなど


すぐに疲れてしまう。




通勤電車においても


比較的若い人たちが、


出入り口で扉にもたれているのを


目にすることが多くなった。


男女に限らず、若い人たちの


足や脚の筋肉が弱くなっているのだろう。


太りやすくなった


「年をとって太りやすくなった。」


という声もよく耳にするが、


それは年齢の所為ではない。




身体を動かさなくなることで


筋肉の量が減って、


基礎代謝量が落ちていることが原因。




意識的に運動しなければ、


筋肉の量は20歳前後をピークに、


1年に1%ずつ減ってしまう。




筋肉が1kg減ると、1日に50kcalの


基礎代謝が落ちるといわれる。


筋肉を使わずに


年1%の筋肉量が減り続けると、


体重が増えていくのは当然のこと。


ウォーキング


もし、若くありたいと願うならば、


先ずは歩くことをお勧めする。


1日に5分からでも始めること。


スニーカーに履き替えて、


荷物を持たないで、


少し早足で歩くことが


脳と身体の若さを保つ秘訣!!



~参考図書 下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」~




お問い合わせ

大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック
アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466