カテゴリ:食

欧米型の食生活が理想は錯覚

なぜ粗食が体にいいのか


以前にもご紹介しましたが、


帯津 良一 医学博士と


幕内 秀夫 管理栄養士の共著




「なぜ粗食が体にいいのか」




から


「欧米型の食生活が理想は錯覚」


をご紹介させていただきます。




「アトピーの患者さんなどは


 若い人が多いですから、


 そういう患者さんのお母さんなどには、


 昭和40年以降に生まれた人もいます。


 そんな若い患者さんやお母さんに、


「朝はご飯と味噌汁と漬け物ですよ。


 それに納豆でも食べてみたら」


 と言うと、


「えっ?」と驚く人もいます。




 日本の朝食


 パンとコーヒーと牛乳とサラダ、


 それが普通の朝食だと思っているんですね。




 糠漬けを勧めると、


「ヨーグルトではダメですか?」


 と聞き返される始末です。


 ヨーグルトがいいかどうかの話ではなくて、


 それほど


 欧米の食生活が理想である


 という錯覚は、


 しみついているんですね




 でも、  


 欧米の食生活をまねた中で、


 一番深く日本社会に浸透したのは、


 肉や牛乳を摂る


 ということではないのです。




 もっとも大きく食生活が変化したのは、


 主食よりも副食を多くたべるように


 なったということなんです。




 日本人は貧しいから、


 ご飯ばかり食べておかずが少ない。


 欧米の人たちは豊だから、


 少しのパンに


 たくさんのおかずを食べる




 ・・・こう勘違いしてしまった影響なんですね。




 つまり、欧米の食生活を


 理想だと考えた結果、


 ご飯をしっかり食べることは


 貧しいことなんだと


 思い込んでしまったわけです。


帯津良一 医学博士




このようなお話しは、


当院でも珍しいことではありません。




発酵食品を勧めると、


「ヨーグルトがいいんですよね。」と、


必ずといっていいほど


そういう答えが返ってきます。


ぬか漬け


日本の食文化は、


世界にも誇る事ができるものです。


日本の発酵食品といえば、糠漬けです。




ヨーグルトのCMはありますが、


糠漬けのCMはありません。


忘れられてしまっているのでしょうか?


味噌


私たちが生まれ育った日本には、


気候風土にあった食事があります。


味噌、醤油、漬物、梅干し・・・


日本の食文化を大切にしたいものです。



大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック

アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー、シンクロラボ・ケアシステム、
心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理を
お手伝いさせていただきます。