下半身に筋肉をつける

スクワット運動

なぜ筋肉をつけることが大切なのか



40歳前後になると、


女性男性問わず、


自分の身体の変化を


ハッキリと感じるようになります。




「痩せにくくなった」


「ボディラインが崩れてきた。」


「疲れやすい。疲れがとれなくなった。」




これらはこの世代の大きな悩みです。




このような肉体的な衰えを食い止め、


若々しい身体を手に入れるために、


最も有効な手段が


「下半身に筋肉をつけること」です。


下半身の筋肉


なぜ筋肉なのか?




なぜ下半身なのか?




実は、手足を動かすことほど


脳の活性化に繋がるものはありません。


最新の脳科学によって、


運動をして筋肉を動かすことで、


脳の神経成長因子が


35%も増えることがわかっています。




また、




「痩せる」




ということから考えても、


筋肉ほど脂肪を


エネルギー源として


消費してくれるものはありません。




筋肉量を増やせば、


普段の生活の中で


使われるエネルギーが多くなり、


効率的に脂肪は燃焼されます。




反対に、筋肉量が少ないと


食べ過ぎていなくても


エネルギーとして


上手く消費されずに


脂肪になりがちです。


太りやすい


年齢と共に太りやすくなった


とよく耳にしますが、


これは筋肉量が少なくなって、


燃費の良い身体になっているからです。




決して、年齢のせいではありません。




運動をして筋肉がついてくると、


食べたものをきちんと


消費してくれる身体に戻すことができます。


階段


また、筋肉量が多いと疲れにくくなります。


これまで階段を使うと


すぐに疲れてしまっていたのが、


楽にできるようになる。


ちょっと走ってもバテなくなるなど、


生活の中で


「疲れ」を感じることも


少なくなってくるはずです。



~下半身の筋肉をつけると「太らない」「疲れない」より~




大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック

アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー、シンクロラボ・ケアシステム、
心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理を
お手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466