気温の変化と神経バランス

秋の木の葉


随分、季節が進みました。


急激な温度変化に


上手に適応できない方々から


ヘルプコールが続いています。


中でも腰、首・肩の痛み


そしてコリを訴える方々から


電話をいただいています。


自律神経


これだけの温度変化では、


自律神経のバランスを


崩される方が多いようです。


こんな時は、


交感神経の働きが


優位になりがちです。




具体的には、


次のようなトラブルが


多くみられます。



  • 血流障害
     (例)手足の冷えや痛み 


    手足の冷え



  • 排泄・分泌能の低下
     (例)便秘や消化不良など
    便秘



  • 活性酸素による組織破壊
     (例)口内炎 胃炎 痔など
    胃炎




    自律神経は臓器や器官の


    働きを調整する際に、


    交感神経はアドレナリンを、


    副交感神経はアセチルコリン


    という神経伝達物質を放出します。




    アドレナリンには


    血管を収縮させる作用があるため、


    交感神経の緊張が続いて、


    身体がアドレナリン浸けになると、


    全身で血流障害が起こってしまいます。




    血液の大きな役割は、


    全身の細胞に


    酸素と栄養を送って、


    老廃物や不要なものを


    回収するということです。




    血流障害が起こると、


    循環が阻害されて


    細胞に必要な酸素や栄養は届かず、


    老廃物がたまる一方になります。




    手足の冷えや痛みは


    このような血流障害が


    原因となることが多いようです。




    当院では・・・


    血行を促すために


    温めたり、


    筋肉を揉んだりはしません。


    アクティベータ・メソッド


    血流障害の原因である


    脳・神経系の


    誤作動を


    カイロプラクティック


    調整するだけです。


    そうすると、


    自律神経のはたらきを取り戻して


    ご自身の力で


    身体を回復に向かわせることが


    できるようになります。



大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック

アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー、シンクロラボ・ケアシステム、
心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理を
お手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466