カフェインは刺激物

熱中症


暦の上では立秋が過ぎたが、


毎日が35℃を超えるような猛暑。


夜は熱帯夜。


秋を感じさせてくれるにはほど遠い。




「熱中症の対策に水分補給をしましょう!」と、




連日テレビで放送されている。




「水分ならば何でも良いか?」




というとそうではない。


カフェイン


カフェインを含むものは避けた方が良い。


カフェインの利尿作用については


見直されてきてはいるが、


問題はそこではない。



興奮剤としてのカフェイン

香辛料


体調を崩して病院で診察を受けると、




「刺激物は摂らないように・・・」と、




アドバイスされることが多い。


この刺激物は唐辛子、ワサビ、辛子、カレーなどの


香辛料だけを意味するのではない。




アルコールと同じく


カフェインも神経を刺激するもの!


ということはあまり知られていない。


coffe-time


現代人はカフェインを摂ることが多い。


コーヒーや紅茶だけでなく、


緑茶、ウーロン茶などを


一日中飲んでいる方も少なくない。




手のしびれや腕の痛みを訴えて


来院される方に、


一日中カフェインを摂っている方が多い。


これは、交感神経への過度な刺激が、


正常な血液循環を損なわせてしまうから。


ニューロン


疲れてきたからコーヒーを飲む。


また、飲む。


そして、また飲む。




疲れた身体に一日中起爆剤を使って


無理矢理に身体をはたらかせていると、


壊れてしまうのは当然こと。


麦茶


暑い夏の日本を上手に乗り切るならば、


先人たちが利用してきた


水や麦茶が好ましいと考える。



お問い合わせ

大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック
アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466