ストレスと心身条件反射療法  

ストレスという言葉は・・・


もしかしたら、日本人が最も頻繁に使う外来語かもしれません。


今日のテーマは、それほどポピュラーになっているストレスです。


では、改めてストレスについて考えてみましょう。


ストレスとは一種の激しい運動のようなものです。

激しい運動をした後には、十分な休養が必要です。

それと同じように、ストレスが多すぎて休養が十分でないと、

身体には大きな影響を受けることになります。


ストレスには精神的、肉体的なものだけでなく、


「栄養不足」「コーヒーと砂糖」「悪い脂肪の摂りすぎ」などの化学的ストレスもあります。


また、温度や湿度、気圧などの気候変化による気候的ストレスあります。


s_stress (2)


そして、ストレスはネガティブなものだけでなく、

パーティーや旅行、そしてスポーツなど楽しみしていることや、

子供さんや家族への愛情などのポジティブなものもストレスになり得ます。


当院でおこなう心身条件反射療法では、

「どういったことが、お困りの症状と結びついているのか?」


ということを分析・特定することが可能になりました。


ご自身に自覚がなくても、無意識レベルで感じているストレスが、

身体に悪さをすることが心身条件反射療法の研究会で発表されています。


さて、ストレスは、私たちの身体にどういった影響を与えるのでしょうか?


全ての生物はストレスに対して身体のはたらきを一定に保とうとする性質、


ホメオスタシス・恒常性が備わっています。


外界からのさまざまな刺激に対して、身体は無意識のうちに反応して健康を維持しています。


普段から「~すべきだ!」「~しなければならない!」


という個人の信条思い込みを捨てられない場合、

過剰なストレスを受けたり、防衛反応を無理に抑制させることで

精神的また肉体的な健康が損なわれてしまいます。


ストレス対する身体の反応は、、


無意識に身体のはたらきを調整している自律神経系と深く関わっています。


自律神経には交感神経と副交感神経があって、ストレスを受けると交感神経が優位となり、

心拍数や血糖値、そして血圧を上げたりアドレナリンなどのホルモンを分泌させたりします。


上手にストレスに対応できれば、身体は自然と元の状態に戻りますが、


そうでない場合は交感神経が優位な状態が続いてしまって、

疲労や心身のトラブルがあらわれるようになります。


このような状態が慢性的になると、免疫系にも影響を及ぼしてしまって、


風邪にかかりやすくなったり、アレルギー体質になったりすることがあります。


私たちは様々なストレスにさらされています。


そんなストレスにも、上手に適応していきたいものですね。


お問い合わせ

当院では、アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府柏原市国分本町2-6-11 ハイグレード国分203号室
電話番号 072-978-6004