両頬の違和感

50代 女性が両頬の違和感を訴えて来院されました。


痛いというものではなく、熱感を伴った違和感だそうです。

画像の説明
この症状は2年ほど前から始まって、耳鼻科では蓄膿症の診断。


歯科では顎関節症の診断を受けられたようです。。


当初、腰部椎間板ヘルニアによる両下肢痛で来院されましたが、


およそ4ヶ月で完治したので、今回は両頬のご相談を受けました。


院 長 「どんな時に違和感を感じますか?」


患者さま「お昼の休憩時間に感じることが多いです。」


両頬を触診すると、ギュッと噛みしめる時に使う頬の筋肉が硬くなっていました。


この患者さまは、精神的にも肉体的にも緊張しやすくて、


普段から肩に力が入って、力を抜くことが苦手な方です。

アクティベータ・メソッドのプロトコルに則って施療をして、

カラダをゆるめるスィッチをONに切り替えました。


最後に口の開閉運動に関わる首、そして顎の関節をしっかりと検査して調整しました。




ベッドを降りていただいて・・・


院 長 「お顔はどんな感じですか?」


患者さま「筋肉が緩んで、あったかく感じます。」、


今回はカイロプラクティックだけで調整しましたが、


ココロとカラダの関係性から観ていくと、


こういったケースでは、話すことを阻害されるような


会社や家庭などの対人トラブルを抱えていることが多いようです。


それらの怒りや恐れを抑え込んでいるために、


「自由に自己表現ができていない。」


ということが関連しているようです。


お問い合わせ

当院では、アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府柏原市国分本町2-6-11 ハイグレード国分203号室
電話番号 072-978-6004