左下腹部の痛み  

メンテナンス段階にある30代 女性 左下腹部の痛みを訴えて来院されました。


2、3日前からお腹にガスがたまったような張りを感じていた様子。


1週間前から生理をコントロールするホルモン剤を服用しているとのこと。


1ヶ月前にもこの薬を使ったときに、同じようにお腹に張りを感じていたらしい。


また、先日、子供さんと遊んでいて、左の恥骨を強打したことが


この下腹部の症状と関係しているのでは?と考えておられました。


下腹部痛

お腹を触診してみると、左の下腹部に張りがあって、


軽く触れても顔をしかめるくらいの痛みがありました。


ホルモン剤を使わないと生理が始まらないということから、


子宮と卵巣に関わる筋肉に対して筋力検査をおこないました。


検査の結果は、左の卵巣に機能的なトラブルがあることを示していました。

カイロプラクティックでは病気の診断をおこなうのではなく、

機能異常がどこにあるのか?

また何が機能異常を起こしているのか?

ということの発見と施療にに全力を注ぎます。


カイロプラクティックは、アクティベータ・メソッドによる穏やかな施療。


性腺に関わる第3腰椎にも大きな反応がみられました。


この箇所は、Dr.ポルテリの内臓生体力学の考え方とも一致します。


カイロプラクティックの調整を終えて、先程の筋力検査をおこなうと


申し分のない良好な検査結果でした。


これは、アクティベータ・メソッドによるカイロプラクティックが、


卵巣に良い効果をもたらしたということを意味しています。


調整を終えて、ベッドから降りていただくと、


「途中でお腹の張りと痛みが薄れてきたました。

今は、立ってみてもまったく痛みがありません。」とのこと。


次回、来院された際には同様の検査をおこなって、


状態を見ながら直接お腹の調整をおこなう予定です。


当院は通常のカイロプラクティックに加えて


内臓生体力学と新日本延命医学療法による


機能低下を起こした内臓の調整をおこなっています。


お問い合わせ

当院では、アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府柏原市国分本町2-6-11 ハイグレード国分203号室
電話番号 072-978-6004