赤外線サーモグラフィ検査

RAY Spinal-Thermo-Labo


現代科学のめざましい進歩により、

当院では最新式のRAY Spinal-Thermo-Labo (赤外線サーモグラフィー)を使用して、

背骨の両側の皮膚温度差を計測します。

背骨を挟んだ左右の皮膚温度に差がある箇所は、

「神経のはたらき」にトラブルを起こしていることを意味します。

「神経のはたらき」が正常であれば、

左右の皮膚温度は常に変化しているのですが、

トラブルが起きた状態では、

皮膚温度の差が固定化(パターン)されてしまいます。

これを「環境に対して適応能力を失った。」

と、考えることができます。

皮膚温度すなわち血流をコントロールしている自律神経は、

その他、内臓の機能、ホルモン系や血管運動などを

コントロールしています。

脊柱両側の皮膚温度差を分析することは、

「神経のはたらき」を基本とする

正統なカイロプラクターにとって価値のある道具です。

客観的で信頼のおける皮膚温度差の計測と分析は、

「神経のはたらき」が全身の健康に影響する

という意味でとても重要なことです。