感覚

背骨


身体を捉えるとき、


体幹であるとか、


骨盤や背骨であるとか、


いわゆる身体の中枢と言われるものに


焦点があてられることが多い。


それら中枢は、生きていくには不可欠なもので


中枢なくしては末端もありえない。


しかし、中枢ばかりあがめ奉られてるばかりに


おざなりにされてきたのが末端だ。


身体の末端の感覚を回復させて


脳とのつながりを回復させることが大切。


立つ


立つという動作ひとつをとってみても


立つためにはたらいているのは


「足」だけではない。


足の先から頭までのそれぞれの部分が


割り当てられたはたらきを全うし、


それぞれが連携をして


「立つ」というはたらきを成立させている。


それぞれの関節の動きや位置など


最適な状態にあるのが




本来の機能




果たしている身体だ。




それぞれのパーツが


目的に応じたはたらきを果たすことで


身体全体がつながりを持って


動くことができるともいえる。




五感


身体を動かすためには


たくさんの情報が必要になる。


その情報が「感覚」だ。




感覚には誰もがよく耳にする


視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の「五感」


少々、専門的にはなるが、


「固有受容覚」と「前庭感覚」という感覚がある。


「五感」は自覚しやすい感覚だが


「固有感覚」と「前庭感覚」はなかなか自覚しにくい。


「固有感覚」は筋肉の伸縮や関節の動きや位置の感覚で


「前庭感覚」はバランス感覚や平衡の感覚をいう。


固有受容器


コントロールの中枢である脳では


次々と入ってくるこれらの感覚を


統合(整理・分類)し、


無意識で


自分の身体をコントロールしている。




これらの感覚を様々な方法で検査し、


何がうまく働いていないのか?を評価する。


そして・・・それを


カイロプラクティックの臨床に活かしている。



感覚を取り戻せるように

シンクロナイズド・アジャスティング・メソッド


私たちの身体を支えている「足」に着目した


シンクロナイズド・アジャスティング・メソッドで


足の固有感覚を取り戻し


身体がスムーズに連携できるようになると


膝や股関節の痛み、


腰や背中の痛み、


そして、首や肩こりなどが


その場で解消されることが多い。




足から体幹が安定することで


前庭感覚もご自身で回復できるので


目眩でお悩みの方はもちろんのこと


スポーツ選手のパフォーマンスアップにも


お役に立てている。



お問い合わせ

大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック
シンクロ・メソッド、アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー、新日本延命医学療法、
そしてコーチングで皆さまの健康管理のお手伝いをしています。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466