睡眠不足の影響

睡眠


なぜ睡眠が必要なのか?


それはまだ明らかになっていません。


「睡眠は、不要な記憶を脳から消去する。」


という説と、


「必要な記憶を脳に固定する。」


という説がありますが、


その勝負はまだついていません。


リカバリー


いずれにしても、


睡眠は身体の回復を促進させます。


それは、日中の活動で壊れた筋肉細胞を、


睡眠中に放出される


成長ホルモンが修復するからです。




睡眠をとれない動物は


早死にするともいわれています。


睡眠不足は動物にとっても


強力なストレスになります。




映画やドラマでもよくみられるシーンで、


犯人やスパイへの拷問で


自白させるための手段として、


睡眠の剥奪は容認されてきました。




では、どうすれば


快適な睡眠を得られるのでしょうか?


以下に快眠を奪う要因をあげてみましょう。



脳と身体の疲労度のアンバランス



 身体を疲れさせるための適度な運動をしましょう。


(例)階段の昇降、ウォーキング、水泳



大脳の興奮



 寝る前にはテレビ、ビデオ、ゲーム、映画など、


 刺激の強いものを避けましょう



不規則な生活



 就寝、起床の時刻をできるだけ規則的にする。



騒音や明るい部屋



 静かで暗い、落ち着ける環境を整えましょう。



興奮性の嗜好品



 夜のコーヒー、紅茶、緑茶など


 カフェインを避けましょう。



交感神経優位にはたらいた自律神経



 就寝2時間前に40℃以下の

 
 ぬるめの湯にゆっくり浸かる




疲れ


睡眠不足になれば


疲れが蓄積しますし、


注意力が散漫にもなります。


そして・・・


不機嫌にも繋がります。




睡眠不足は、


大きなストレッサーとなりますから、


上手に睡眠をとることを心がけましょう。



大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック

アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー、シンクロラボ・ケアシステム、
心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理を
お手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466