身体のはたらき  

腰の痛みや首の痛みなど、身体の何処かに不調を感じたときに、


先ずは「病院で診察を受ける。」と、いう方が多いです。


病院ではレントゲン検査MRIなど、

「画像診断」で構造的に診断されます。



「骨には異常ないですね。」




というお医者さまの言葉は、よく耳にされることでしょう。


そして、


「湿布と痛み止めを出しておきますから、しばらく様子をみましょう。」


と、いう言葉もよく耳にします。



「でも、何日経っても良くならない。」と、


当院に相談をされることは少なくありません。



現在、腰痛治療の権威として


世界中の整形外科医が集まる「世界腰痛学会」では、




「椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症などは、


  構造的な異常で痛みがあらわれるとは限らない。」




と、発表しています。



それでは、構造(身体の仕組み)が問題でないとすれば、


辛い症状があるは何故なのでしょうか?




それは、「身体のはたらき」にトラブルがあるからだと、

カイロプラクティックでは考えています。




TyTron C-3000

当院では、身体のはたらきを評価・検査するために、


コンピュータ式遠赤外線サーモグラフィ TyTron C-3000で、


自律神経のはたらきを客観的に検査しています。




その他、筋肉の神経反射に着目した検査方法を使います。


筋肉をコントロールしているは、


自分自身の脳・神経系ですから、


筋肉の神経反射を検査することで


神経のはたらきをモニターすることができます。



当院では、身体のはたらきを評価・検査するために、

筋肉の緊張度に着目した検査方法を使います。


両側のふくらはぎの緊張度に焦点を合わせた、


再現性の高いアクティベータ・メソッドの検査法です。



整体院の先生方は、




「ほら、左右の脚の長さが違うでしょ。」




といって、骨盤や首を「ボキボキッ!」と鳴らして、




「はい、同じ長さになったでしょ。」と、




「骨格の歪みやズレ(?)」を整えます。




アクティベータ・メソッドによるカイロプラクティックでは、


骨格の歪みやズレは、


身体の不調の原因だとは考えていません。




神経のはたらきに不具合を起こした結果として


身体の不調が起こる。」と、考えています。




ですから、アクティベータ・メソッドによる施療のターゲットは、



「いつ、どこに、どのような神経の不具合があるのか?」




ということであって、どの骨がズレているのか?


ということを施療のターゲットにはしていません。



お問い合わせ

大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック
アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、
そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466