夏の疲れはでていませんか?

9月に入って、朝夕涼しくなってきましたね。


こんな時は夏の疲れが出やすくなります。


今日はご自身でできる対象法をお伝えします。

それはお風呂の入り方です。


各家庭にある身近なお風呂ですが、とても大きな効能があります。


お風呂


“幸福になるためにはお風呂に入ることが大事”。




「仏教では古くからそのように教えてきたんです」


と語るのは、國學院大學大学院客員教授で神道学博士の三橋健氏。


日本に仏教が伝来した奈良時代、お経の中にその教えはあるといいます。(日経TRENDYより)


仏教では汚れを落とすことは、


「仏に仕える者の大切な仕事と沐浴の功徳を説いた。」と言われて、


多くの寺院で浴堂を構え施浴が行われたらしい。


昔から単に「体を洗う」だけではなく、


健康や福を得るためのものという考え方は、


お風呂好きな私たち日本人に


現代も受け継がれていると言えるでしょう。  (ツムラライフサイエンスHPより)


昔からお風呂となじみ深い私たちですが、


「シャワーだけで簡単に済ませてしまう。」


という方々が最近では多くなっています。


特に暑い夏には、その傾向が強くみられます。


高温多湿な日本では、大陸での生活のような

シャワーで汚れを落とすだけでなく、

そして、半身浴ではなく、

湯船に首までつかって

身体を温めることとが大切です。


お風呂は身体の汚れを落とすというだけでなく、

毎日の疲れた神経をリセットする役目も持ち合わせていますので、


入浴でこころとからだの手入れをおこないましょう。


お問い合わせ

当院では、アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府柏原市国分本町2-6-11 ハイグレード国分203号室
電話番号 072-978-6004