花粉症の諸症状

この時期、テレビでは「花粉に気をつけましょう。」と、


アナウンサーが挨拶のように話しています。


当院の待合ブースでも、ズルズルと「鼻水をすする」音が・・・


 患者さま 「(鼻声で)今日は花粉が多いそうですねぇ。」


 院  長 「そうみたいですね。花粉に反応しない身体を作りましょうね。」 



鼻水と鼻づまり


このような患者さまには、コンピュータ・サーモグラフィTyTron C-3000の検査でも、


アレルギーに関する箇所と、分泌をコントロールしている箇所に大きな変化が見られます。


当院ではアクティベータ・メソッドの検査で、神経反射による脚の変化を読み取って、

どこで神経のはたらきが滞っているのか?を探し出すのですが、


この検査においても、同様の箇所に大きな反応を示します。


大切なのは、患者さまの訴える症状の原因が何なのか?ということです。


当院では患者さまから得られた検査結果に対して、


違った角度から二重、三重の検査をおこなっています。


その上で、患者さまの身体に負担がかからない


アクティベータ器によって、


神経のはたらきを調整していきます。


調整をした後には、もう一度検査をおこなって、


調整が十分だったのか?また同じ検査します。


このようにして、神経のはたらきを調整していくと・・・


 院  長「はい、鼻から息を吸ってみてください。」


 患者さま「あっ!鼻が通ってる!」


と、いうような会話が毎日おこなわれています。


専門医による薬での治療も大切ですが、

カイロプラクティックによる根本からのお手入れも、

鼻水と鼻づまりにもたいへん有効です。


症状に対するケアだけでなく、病気の予防と健康の増進に、


そして、長い人生をより良く生活するためのひとつとして


カイロプラクティックを取り入れてみるのはいかがでしょうか?


お問い合わせ

当院では、アクティベータ・メソッド心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府柏原市国分本町2-6-11 ハイグレード国分203号室
電話番号 072-978-6004