東洋医学の要素



東洋医学でいう「未病」は、


「病気ではないが、健康度が低い状態」を意味します。


安全ピンサイクル


これをカイロプラクティックにあてはめると、


DIS-EASE 「快適ではない状態」と呼びます。




現代医学では




「病気でなければ健康、健康でなければ病気である。」




と、二律背反的に考えます。




東洋医学やカイロプラクティックでは、




「健康には高い状態から低い状態まであって


 それが低下すると病気に至る。」




と、いうように連続的な見方をします。


高い健康度で、毎日を過ごしたいものですね。


アプライド・キネシオロジー 経絡


当院でおこなうカイロプラクティックには、


アプライド・キネシオロジーという


筋力テストを駆使して、


「神経のはたらき」と「身体構造」との関係、


「神経のはたらき」と「リンパ循環 」の関係、


「神経のはたらき」と「血液循環」の関係、


硬膜の緊張」と「脳脊髄液」の流れ、


そして、東洋医学の経絡(気・エネルギーの循環)など、


何が身体に影響を与えているのかを分析します。


心と身体の関係性


また、心身条件反射療法という


心と身体の関係性に着目した施療の際にも


東洋医学の経絡(気・エネルギーの循環)を用いた


分析と調整をおこなうことがあります。


経絡治療


アプライド・キネシオロジー


心身条件反射療法は、


脳・神経系のエラーを解決して


健康回復のお手伝いをするのですが、


どちらも東洋医学の要素が入っています。




次回は、脳の機能と東洋医学について
''''
お話させていただきます。



お問い合わせ

大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック
アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、
そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466