実践 マインドフルネス

『世界のエリートがやっている 最高の休息法』


紹介されている休息法は7つあります。


その基本となるものが、


マインドフルネス呼吸法です。


このポイントは姿勢と呼吸の2つ。




とても簡単にできますので、


今回はマインドフルネス呼吸法の


実践法をご紹介します。



ステップ1 基本姿勢で椅子に座る

イスに座る


マインドフルネス呼吸法は


椅子に座っておこないます。


ですので、


仕事の合間の休憩でもできます。




まず、背筋を軽く延ばして、


浅めに椅子に座ります。


手は太ももの上です。


そして、軽く目を閉じておきましょう。




これでマインドフルネスを始める準備ができました。



ステップ2 手足に感じる感覚に意識を向ける

目を閉じる


目を閉じた状態でじっとしていたら、


いろいろなところに意識が向き始めます。




いろいろと意識が向く中で、


床に接している足の裏や


太ももに接している手の部分


つまり、体が別の部分に


接している箇所に


意識を向けるようにしてみましょう。



ステップ3 呼吸に意識を向ける

呼吸


続いて、呼吸に意識を向けるようにします。


息をする時には、


鼻から空気がす〜っと喉を通って入り、


肺まで空気が入っていく


そんなイメージをしてみましょう。




この時、呼吸の回数を数えてみましょう。


そうすると意識が散漫に


なりにくくなります。




何か別のことを考え始めたら、


注意を呼吸に向けるようにしてみましょう。


こうして、


何も考えないようにし、


雑念を追い出していきます。




これが、マインドフルネス。




「いま、ここ」




感じる方法です。


これを5分ほどやってみましょう!!



マインドフルネスの効果

マインドフルネス




★ストレス低減


★雑念の抑制


★感情のコントロール


★集中力・記憶力の向上


★免疫機能の向上




などがあります。



~『世界のエリートがやっている 最高の休息法』より~




お問い合わせ

大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック
アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、
そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466