歩いて身体を治す

ウォーキング


交通機関や乗り物が発達している現代。


現代人はそれほどは歩いていません。


歩いていると思っている人でも


1日に7000歩程度しか歩いていないようです。


江戸の町並み


江戸時代には、ある御店の主人でも


1日に1万歩は歩いていたといいます。


江戸の庶民は1日に3万歩は歩いていたようです。




これは明治になっても変わらず、


明治から大正にかけてのサラリーマンは、


1日に3万歩は歩いたそうです。




それに比べて・・・




現代のサラリーマンは、


1日に5000から7500歩程度しか


歩いていないといいます。


現代は、歩くことが失われていった時代


ということができるでしょう。




一方、家庭を守る主婦は、


掃除、洗濯、買い物に行ったりと、


こまめに動いているように見られていますが、


主婦も意外に歩いていないようです。


家事


1日の家事労働だけでは、


およそ2500歩程度で、


買い物をしたとしても5000歩ほどしか


歩いていないというデータがあります。




つまり、現代のサラリーマンも主婦も、


普通の生活をしているだけでは、


意外と歩いていないことになります。




何気なく暮らしているだけでは


江戸時代の3万歩はおろか、


1万歩も歩いていない。


これが現代人のおかれている現状のようです。


シンクロ・アジャスティング・メソッド


当院でおこなうシンクロラボ・ケアシステムの


創始者 小柳公譽DCの講義では、


「歩くことで身体を治すスウィッチが入る!」


と、力強く話されます。




地に足をしっかりつけられるように足を調整し、


患者さまが歩くことで、治すスウィッチが入ります。




当院では、「自分で自分の身体を治す!」


そのお手伝いをさせていただきます。

~ 参照  大島 清 著 「歩くとなぜいいか?」~

~ 参照  長尾和宏 著 「病気の9割は歩くだけで治る!」~



大阪市天王寺区で唯一、WHO基準の正統カイロプラクティック

アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー、シンクロラボ・ケアシステム、
心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理を
お手伝いさせていただきます。

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 ハイハイタウン1206号室
電話番号 06-6770-5466