カテゴリ:食

旬の食材 サバ  

ジュージューと音をたてる焼きサバにはまっています。


そこに大分名産のカボスをギュッとひと絞り・・・


ウアァ~~~~たまりません。


と、いうことで、今日ご紹介する旬の食材は「サバ」です。

サバの塩焼き


サバの語源は、歯が小さいことから「狭歯」と呼ばれいたためです。


しかし、そのわりには大食漢で、


エサ(主にイワシなど)があればあるだけ食べてしまうのは、


サバの内臓には酵素類が豊富に含まれているためです。


サバは水から引き揚げられると、


その酵素類が自分自身の腐敗にも拍車をかけて、


「サバの生き腐れ」


すなわち、外見は活きが良く見えても


内部は腐っているという現象がおきます。


腐り始めるときに、多量のヒスタミンが生成され、


アレルギー様中毒や蕁麻疹が出たりします。




それでも人気があるのは、



「秋サバは嫁に食わすな。」



姑に言わせるほど美味なためです。



秋に旨いのは、夏に脂質が数%しか含まれないのに、


10~11月になると脂質が20%にも達するためです。


ただ、関西では産卵後の春が旬とされ、



「春サバが旨い。」と、言われています。


効 能



動脈硬化の予防、血管拡張(血圧低下・血栓予防)


血小板の凝集を抑制(血栓予防)、血圧降下、血中の脂肪低下、


などの作用をするEPAや、健脳、痴呆予防の効果のあるDHAが多く含まれています。


脳梗塞や心筋梗塞などの予防、ビタミンB2や鉄分が多いので、


美肌効果と貧血の改善に役立ちます。


雑 学



「サバを読む」とは、「数をごまかす」ことを言いますが、


それはサバが大量に捕れる上に腐りやすく、


冷蔵方法がなかった昔は、


魚屋さんが急いで数えて売りさばかなければならず、

その数え方が大雑把であったために、

「数をごまかす」ことが多かったこと、


また、買う側も、つい数をごまかされてしまうことから広まった言葉だそうです。



今が旬のサバは、焼いても、煮付けてもおいしいですね。


旬の味覚を楽しみましょう(^^)/


お問い合わせ

当院では、アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてヘルス・コーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府柏原市国分本町2-6-11 ハイグレード国分203号室
電話番号 072-978-6004