赤ちゃんが欲しい  

今日は温かい一日になりました。


各地で桜の開花が進んで、春の便りが届いたようですね。


今日は、妊娠についてご紹介させていただきます。


メンテナンス・ケアで来院されてらっしゃる30代の女性から、



赤ちゃんが欲しいんです。



と、昨年末にご相談がありました。


カイロプラクティックの施療を受けることで、



妊娠できますよ。



と、確約することはできませんが、


カイロプラクティックで、滞った神経システムを


正常に働かせることによって、


妊娠できる元氣な身体をつくるお手伝いをすることは可能です。

受精


お二人が産婦人科を受診した結果、


妊娠を妨げるものはないとのことでした。



カイロプラクティックの検査では、


子宮・卵巣に関連するお尻周辺のトラブルがみられました。


細かな分析をおこなうアプライド・キネシオロジーの検査でも、


子宮に関係する筋肉が大きく反応していましたので、


カイロプラクティック神経のはたらきを整えた後で、


子宮へのリンパと血液循環の改善をおこないました。


それらの調整を数回おこなった後、


新日本延命医学療法での


内臓に対するアプローチをおこないました。


新日本延命医学療法から考えると


妊娠で最も気をつけないといけないことは


冷えです。



新日本延命医学療法の創始者 (故)宮原 一男医学博士は、



下垂した内臓が臓器を圧迫することで血液循環が滞り、

そこから身体が冷やされて病気が始まる。



と、考えました。


36℃半ばの体温ですと基礎体温 や身体細胞の新陳代謝は活発で、


免疫力も高く、ほとんど病気をしない状態を保つようにできています。


しかし、体温が低くなると排泄機能の低下や消化酵素のはたらきが低下したり、


新陳代謝が活発におこなわれなくなります。


宮原先生は、半世紀以上も前から「冷えについて警告」されていました。



そして、独特の手技で多くの方を健康へ導かれました。


さて・・・


先程の女性が1ヶ月後の来院で、


先日の産婦人科での診察で、妊娠が確認できました。


と、いう嬉しいご報告をいただきました。


お問い合わせ

当院では、アクティベータ・メソッドアプライド・キネシオロジー心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府柏原市国分本町2-6-11 ハイグレード国分203号室
電話番号 072-978-6004