右手首と親指の痛みで鉛筆が持てない   

本日、およそ2年ぶりの来院なりました40代の女性が、


右手首と親指の痛みで鉛筆が持てないと訴えられました。


詳しく伺うと、資格を得るために2年にわたって猛勉強されたそうで、


この秋、受験に見事合格されて、来春からは専門学校生だそうです。


その勉強のために、仕事を終えてから予備校に通うというハードな


スケジュールをこなされてらっしゃいました。


手首の痛み

この痛みは1年前から続いていたとのことですが、


仕事と勉強が忙しくて当院まで通えなかったそうです。


近くの整形外科で受診して、「動かさないように!!」と、


湿布薬と鎮痛剤を処方されたようです。


カイロプラクティックの調整をおこなう前に、


いったい何が痛みを起こしているのか?


と、神経学的検査や筋力検査など、いろいろな検査をおこなうと、


左の肘と手首を動かす筋肉が、上手にコントロールできていませんでした。


施療の仕方は、アクティベータ器という特殊な器具を使って、

全身をコントロールしている神経系を調整するという方法です。



一般的にカイロプラクティックというと、



骨のズレを正す。



骨盤の歪みを治す。



といったことをイメージされるでしょうが、

21世紀のカイロプラクティックは、

神経のはたらきを調整することに全力を注ぎます。


施療を終えた患者さまは、


もっと早く来れば良かったですねぇ。


  これで、鉛筆も包丁も握れます。


と、笑顔で帰られました。


お問い合わせ

当院では、アクティベータ・メソッド心身条件反射療法、新日本延命医学療法、そしてコーチングで皆さまの健康管理をお手伝いさせていただきます。

大阪府柏原市国分本町2-6-11 ハイグレード国分203号室
電話番号 072-978-6004